いつ起こるか分からない関東地震に備えて予測サイトを利用しよう

災害情報の選び方

情報の取捨選択

防災グッズ

大きな地震から小さな地震まで数多くの地震が観測される日本ですが、何年も前から関東地震が予測されており、その危険性も謳われています。
関東地震について多くの情報を耳にしますが、情報が多すぎてどれを信じてよいのか分からないという人も少なくないのではないでしょうか。
嘘の情報ではないにしろ、情報が錯綜し正しい物の判断ができないのは困ります。
そこで関東地震の予測について情報の選び方と選ぶときの基準について書いていきます。
とはいっても、予測ですので100%当たるということではなくあくまでも確率が高いという情報であることは頭に置いていた方がよいでしょう。
まずは、いくつかのWEBサイトなどの情報源を見て、同じ情報が書いてある場合です。
これは信憑性が高いと考えてよいでしょう。
次に、過去に予測が的中している情報源からの情報です。
これは少ないかもしれませんが今まで的中させたことがあるならその観測方法や理論を信用できるもののひとつです。
あとは、やはり政府が出している情報です。
個人や団体で独自の観測方法で予測を出している場合もありますが、根拠がしっかりしていない場合が多いです。
政府が公式に発表している情報には目を通しておくと良いです。
実際に地震が起きた場合は、リアルタイムで更新される情報を入手できるようにしておくと良いでしょう。
関東地震はどの情報源を見ても、起きる確率が非常に高い予測がされています。
情報を得ているなら、それに備える準備をしておくことが重要です。

災害は突然やってくる

スマホ

現在は世界中で地震が多発しており、今地球は地震活動期といわれています。
日本は島国という事で地震大国といわれていますが、特に大規模な関東地震はいつ起こるかわからない状態です。
様々な研究者がデータに基づいた関東地震についての予測をしていますが、必ずしも100%の確率でいつどこにどんな規模の関東地震が来るかは予測できません。
地震は突然やってくるのです。
しかし、少々注意した方がいいといわれている現象があるのをご存知でしょうか。
例えば、井戸水の水位が急激に下がるだとか、空に帯状の雲(地震雲)が見える、深海魚が打ち揚げられるなど、ある程度地震の予測になるような現象は昔からあると言い伝えられています。
以前起こった大きな関東地震といえば関東大震災ですが、この関東地震が起こる前に関東にいたネズミがいっせいにどこかに移動したそうです。
これは、関東地震が起こる前に動物が危険を察知して、予測していたかのような動きですよね。
これは、地震が起こる前の波形の異常を動物が察知していたからという説もあります。
それでは人間には何ができるのでしょうか。
残念ながら預言者ではないので災害を事前に察知したりするのは難しいので、いつ地震が起こっても大丈夫なように備えておくことが大事です。
例えば、非常食や最低限の飲料水、懐中電灯、ラジオなどを非常用の荷物としてまとめておくこと。
さらに、女性の方なら生理用品や下着なども準備しておくと良いと思います。
備えあれば憂いなしですからね。

シグナルのキャッチ方法

地震

地震と向き合うことは、致命的な被害が避けられるという意味でもあります。
取り組みは耐震技術や津波防御壁に生かされ、見えない部分でたくさんの命が支えられているのです。
しかし、火災や倒壊で大きな被害が発生しているのも現状であり、これまでとは異なる取り組みに注目が集まってきています。
それが地震予測サービスで、発生前のシグナルをキャッチし、ウェブサイトやメールにて情報を発信中です。
近頃は関東地震の発生確率が高まっているといわれ、予測サービスは個人だけでなく企業からも期待されています。
関東地震は人口の多いエリアで発生することが予測されており、早めの情報キャッチが望ましいでしょう。
これまでは地割れや起伏の発生で関東地震のうわさが広まる程度でしたが、場所によっては発見しにくいことが弱点です。
一方の情報提供サービスは予測方法がそれぞれ異なりますが、共通点は電磁波の観測が挙げられ、国内全域もカバーできます。
大きく分けると2つの電磁波に分けられる点がポイントで、1つめは地震が近くなると発生するタイプです。
具体的な震源地が予測しやすい点にも特徴があり、甚大な被害が懸念される関東地震にも活用が期待されています。
2つ目のタイプは日用品を通した異常観測で、ラジオやテレビのノイズを予兆としてキャッチする方法です。
情報提供サービスは、単にラジオやテレビの観測というレベルではなく、予測専門の装置を使用し、関係のないノイズを取り除いてから検証しています。