いつ起こるか分からない関東地震に備えて予測サイトを利用しよう

安全確保に必須のサービス

根拠のある情報

テレビ

台風や豪雨など災害には様々な種類がありますが、日本においては数年の間隔で被災者が出るほどの地震被害も発生しています。
古い書物にも記述がみられるように、地震は避けることのできない災害の1つです。
同じ地域で周期的に発生することも分かっており、関東地震は近い将来に発生するといわれ続けています。
これまでにも関東地震のうわさはたびたび広まりましたが、ほとんどが都市伝説レベルで根拠が示されない情報です。
しかし、近頃は電波の異常をシグナルとしてキャッチし、研究データの活用で検証を行う科学的な予測となっています。
そんな中で注目されている地震予測は、情報提供サービスとしてすでに運用中であり、将来起こりうる関東地震対策にも有効でしょう。
ポイントは関東地震が発生するか否かの判断だけではなく、予測情報キャッチから避難まで一連の流れを計画通りにすることです。
避難計画だけでも生存確率を大幅にアップさせることができ、避難先においても数日分の食料や飲料水の確保にもつながります。
関東地方は大きな都市が多いことから、発生直後の避難は予測不可能なパニックに巻き込まれることでしょう。
火災や建物の倒壊とアスファルトの分断が発生し、切断された電線による感電も致命的となります。
予測サービスは関東地震発生の数日前から数週間前の情報提供が期待でき、早めの行動と安全な避難に活用可能です。
また、内陸側と海側では避難する方向が変化しますので、エリア別の集合場所選定にも役立ちます。

関東エリアを対象

ファミリー

近年では、地震を予測して事前に利用者に報告するサービスも存在します。
現在の観測地域は、主に関東エリアに限定しており、関東地震への対応が期待されています。
これは、電波を活用して地震が発生する兆候を把握します。
そして、発生時期や場所、規模などを予測し、関東地震等においても発生の1週間以内に通知するシステムも存在しています。
発生する前に地震に関する情報を届けることで、多くの人の防災への認識を高めることができます。
また、関東地震で生じる人的、物的な被害を出来るだけ最小に阻止する役割も、地震予知サービスにも期待されています。
サービスによっては、地震の研究を長年行っている著名な大学教授の地震予知理論に則った方法で予測してくれるので、信ぴょう性が高くなっています。
複数の電波を活用した観測手法を採用しており、地震の的中確率も70%という高確率を具現化しています。
複合観察を実施しているため、ある細かくて不規則な現象でも、複数の視点でチェックが可能です。
そのため、その不規則な状況が関東地震の前触れかどうか判定可能で、見逃したり、失敗の可能性を軽減したりすることが可能となっています。
予測は様々な形で行なわれていますが、それらの情報を生かさないと意味がありません。
いまはネット上で地震予測を見ることも可能になっているので、それを見て日頃から備えることも大切です。
またそういった情報を家族で共有する、かつ何かあったらどこで落ち合うかなども、情報共有の際に話し合っておくようにしましょう。

地殻変動と地下水の測定

女の人

日本は世界有数の地震大国です。
それはユーラシアプレート、フィリピンプレート、太平洋プレートという3つのプレートが重なり合う地点に日本列島が存在しているからです。
地震の正確な予知は難しいといわれており、現在国で予知システムを海底に設置しているのは東海沖だけです。
必ずくるといわれている関東地震の予測は色々な方法が行われていて、その中で最も評判なのが地殻の変動を測定して予測する方法です。
どのような方法かというと、人工衛星を使ったGPSによって決まった場所の地殻変動を計測するのです。
その変動が大きくなった時には関東地震が発生する可能性が高いのです。
このGPSによる地殻変動をもとにした予測は的中率が高く、関東地震以外の地震についても的中しています。
この予測を知りたい場合は会費を払って会員になれば、ネットやスマホで毎日の予測を知ることができます。
関東地震の予測で注目されているもう1つの方法が、地下水成分の異常で、実際に日本では地下水の水位変化やひずみを観測しています。
地下150から340メートルの深度まで井戸を掘って計測するのですが、地下水成分が異常になると地震が発生するといわれているのです。
また関東地震のような大きな地震の時には地面が伸縮するので、地下水の水位が変化してひずみが発生します。
この方法による予測もかなりの的中率なので、信頼できるといわれています。
関東地震は必ず起こりますが、ネットを利用して信頼できる予測法を見つけておくと、いざという時の予防になります。