いつ起こるか分からない関東地震に備えて予測サイトを利用しよう

地震プレートを確認しておく

地域の地形を調べておく

崩れた住宅

関東地震はいつ起こるか分かりません。
歴史上、起きていることもあるので油断はできません。
現代では人口が密集していることもあり、パニックなってしまうことでしょう。
そんなことも考えて、予測ができるのならその方が何かと安心です。
関東地震の予測サイトやアプリなどを活用してみることをお勧めします。
もちろん、自身でも調べられることは調べておきましょう。
例えば、自身の住んでいる地域がどのプレートに当てはまるのか、把握できているだけでも安心です。
地震は断層プレートによって起こる率が違ってきます。
断層付近に住んでいる人は特に注意しておきましょう。
それから、関東地震が起きた時を予測して、防災訓練をしておくことも大切です。
災害危機意識の強い会社などでは、定期的に防災訓練を行っています。
自身が勤めている会社では一度も防災訓練をしたことがないというのなら、掛け合ってみるのもいいかもしれません。
もしくは、避難経路の確認や防災グッズの準備程度はしておくことをお勧めします。
それから、会社勤めをしている人は勤務先の地形とともに、自身の住んでいる地域の地形も調べておきましょう。
どちらに居る時に関東地震が起きるか分からないからです。
例えば、勤務先には海がなくても、自宅付近には海や川があるというのなら、津波の心配が出てきます。
津波の予測もできるので、その点も踏まえた上での防災準備が必要です。
便利なサイトやアプリは定期的にチェックしましょう。

事前に入手できるデータ

防災グッズ

日本は地震大国であり、今後大きな地震が発生する事が予測されています。
関東地震もその一つで、いわゆる首都直下型地震が近い将来発生すると言われています。
これから起こりうる地震に対し、必要なのは事前の備えです。
日頃から地震が起きた時の事を考え、色々な対策を取っておくことが必要です。
現在、何時起こるか分からない関東地震に対し、地震の専門家の研究データが役に立っています。
関東地震を初めとする地震予測の研究は、様々な研究者が高い精度を求めて研究に取り組んでいます。
これらの研究者が予測するデータはネットで入手する事も可能で、スマホアプリなどで活用する事も出来ます。
しかし、関東地震が起こるであろう予測は、現在ではあくまでも予測であり不確かのものでもあります。
したがって、どの地震発生予測を選ぶか、そして信じるかどうかの取捨選択は個人の考え方次第という事になりますが、情報を得ていればもしもの時にも早めの対応が可能になります。
また、関東地震では南関東で大きな被害が出るとも言われており、人口密度が高く、高い建物や海が近いなどの状況にある為、避難先などを確認しておく事が大切になります。
地震予測の研究では、何時、何処に発生するかまでは解っていませんが、地震が発生する数日前には共通の現象が発生すると解っています。
現在の地震予測では「いつ」起こるかまでは予測する事は出来ませんが、専門の研究者が予測するデータを最新の情報として活用するのがベストです。

家庭や企業や自治体で

地震

関東地震は古くからたびたび発生していて、その周期は200〜400年となっています。
前回の関東地震は、約100年前の1923年に発生しているので、次回の発生は早くても約100年後と予測されています。
しかし予測よりも早く発生する可能性はゼロではありませんし、さらに地震は関東地方以外でも発生しています。
隣接する中部地方や東北地方で発生することもあり、その規模によっては、関東地方にも大きな影響が与えられるのです。
そのことから関東地方では多くの人が、関東地震や周辺地域での大地震が突然発生することを想定して、対策に力を入れています。
たとえば各家庭では、家族用の非常食や水や衣類などを、持ち運びしやすいように袋詰めにして枕元に置いておくという防災対策がよく行われています。
企業では、帰宅困難となった社員のために、寝袋や簡易トイレなどが用意されています。
さらに自治体では、隣近所の人同士でスムーズに助け合いができるようにと、定期訓練が実施されているのです。
また水資源確保のために、公園などに井戸を掘っている自治体もあります。
もちろん国も、防災のための様々な取り組みをしています。
たとえば国内の研究施設で関東地震の前兆現象が確認された場合には、いち早く気象庁が、地震予測としてそれをテレビなどで発表するのです。
予測発表から地震発生までの間は、数十秒程度と短いことが多いのですが、それでもコンロの火を消したり、ベッドの横で身をかがめたりといったことが可能です。
これにより、火災や怪我といった被害が発生しにくくなるのです。